ダンスレッスン日記 [TDR BLOG] T's Dance Room BLOG


早くも始動した次回発表会【The 2nd Festival of “T’s Dance Room”】 について

皆さん、こんにちは!
ティーズダンスルームの橋本です。

今日のブログでは、先日より出演者を中心にその親御様を含めて皆さまから頂いたアンケートについて沢山のご意見を頂戴しましたので、そちらを参考にすでに動き出していること、決定していることを中心に触れさせていただきます。


まず、次回の当ダンススタジオが主催するスタジオ発表会、The 2nd Festival of "T's Dance Room" の開催日についてですが、当初は今回と同じく1月ゲネ、2月発表会を行おうと計画していました。ところが終了後すぐにレッスン生の親御さんから頂いたアンケートを拝見して、開催スケジュールそのものを見直す必要がある事に気がつきました。開催日変更に関連する具体的なアンケートは以下の通りです。

 

  •  ① インフルエンザ予防や体調管理が難しいので、病気のピークと思われる1月2月は避けたい。
  •  ② ゲネプロから1ヶ月先になると、幼児クラスの一部の子供は覚えたことがリセットされてしまう。
  •  ③ 1ヶ月の間にゲネプロと発表会の2回公演があり、毎回出演の準備が大変だった。
  •  ④ レッスン生の数名は舞台袖ではなく、観客席からダンスが見たかった。
  •  ⑤ 補助を必要とする出演者(主に幼児クラス)の補助者も客席中央から我が子のダンスをゆっくりと見たかった。

 

お褒めいただけた言葉に続いて、貴重なご意見が幼児クラスの親御様を中心に複数回答でありました。他にも複数回答ではなく、個々の事情などに対するご意見もありましたが、すべてのご要望にはお答えし難いため、貴重なご意見として当スタジオの財産とさせていただきます。

誤解のないように申し添えておきますと、もちろん当スタジオのレッスン生は幼児だけではありません。幼児クラスも含めて、小学生低学年から一般までの出演者がいる中で、同じようにお褒めの言葉と一緒にたくさんの貴重なご意見も賜っています。例えばゲネプロから発表会までの1ヶ月のインターバルについて、小学生3年生以上の場合ですと、この1ヶ月のインターバルで火がついて練習に身が入った、ゲネを経験してやる気が出たみたいで明らかにスキルアップしている、親としても当日の動きの予行演習になった、髪セットや舞台映えする化粧確認と衣装調整やアクセサリー小物の用意など本番に向けての良い準備期間となったなど、確かにそうだとうなずけるご意見もありました。レッスン生の習熟度や年齢、更には出演ナンバー数など、それぞれの立場でご意見の内容は千差万別であるという実感がありました。

 

本題に戻りまして、上記のアンケートの一部を受けて代表インストラクターTAMMYを中心として、振付や実際の舞台を彩っていく各インストラクターたちと意見交換した結果、激戦月となる3月に連続する土日祝日のどこかで、2日間連続で開催させて頂くことを決定し、3月1日の10時から幸市民館の監理事務所にて行われる2020年3月期の抽選に応募することにいたしました。結果は前回のブログの通りに見事抽選に当選し、希望する3月中旬の3連休の内の前2日間を確定申込することができました。3連休の前2日間連続ですので本番翌日は日曜日となります。ご家族でゆっくりと興奮さめやらぬ発表会の感想や意見交換など、ご家族の会話を堪能できるように努力していきます。

 

 The 2nd Festival of 『T’s Dance Room』

  ゲネプロ 2020年3月20日(金・祝)
  発表会  2020年3月21日(土)

※2日間両日、朝・昼・夜のすべての時間帯、大ホール・楽屋・リハーサル室の申込を完了しています。もちろん沢山の出演者様たちの控室となる大会議室も申込完了です。

 

 


第二回目となる次回は、ゲネプロ(本番同様の公演)から本番への1ヶ月インターバルをなくして前日ゲネプロとすることで、ゲネプロの前に各クラスごとのリハ(場当たりとも言う)、ゲネプロ終了後のリハ、翌日発表会前のリハと、一般公開公演までに最大で4回のリハーサル(ゲネ含む)を行うことができます。さらに準備を2日間連続とすることで、少しでも省力化していただければ幸いです。

 

また、初日のゲネプロでは、レッスン生、そしてご引率される親御さん含めて(一般客は入場できません)、客席中央などお好きな場所からのご観覧ができる状態が作れます。この機会にぜひ我が子や他のクラス、そしてお兄さんやお姉さん、さらにレッスン生の先生たちの本気のダンスを思う存分、目に焼きつけて頂きたいと考えています。ゲネプロでは出演者および出演者の補助となられる保護者様にも、ゆっくりとご覧いただけるように客席との往来などの導線を配慮いたします。具体的には観客席から舞台袖へと直接移動できるようにするなど、最短距離の導線を作りたいと考えています。


ただし、ショーとして考えると客席大移動などが伴ってしまうこと、お友達を含む一般観客様で埋まっていない状態の大ホールであることを考えると、会場の一体感や紅潮、熱気、そして大興奮状態のままでの終演、つまり感動までは味わうことはできません。本格的なショーとしては、どうしてもゲネプロは味気ない状態になると思いますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

すべては “出演者全員” が奮え、感動し、涙する、大興奮のステージをお届けするために!

川崎市のダンス教室 [かしまだ駅前通商店街] 
T's Dance Room(ティーズダンスルーム)

 〒212-0053
 神奈川県川崎市幸区下平間111-6
 [鹿島田駅徒歩5分 / 新川崎駅徒歩9分]
(JR鹿島田駅:川崎駅より南武線で3駅7分)

この記事をシェアする
この記事に関連する記事