表情で表現すること

こんにちは、ティーズダンスルームの伊藤です。

 

先日、商店街を歩いていて花屋の前を通った時に、コスモスが売られていました。コスモスを見かける様になったり、トンボが飛んでいるの見つけたりすると、秋の訪れを感じます。ここ数年は9月になっても残暑で暑い日が続き、気が付くと寒い季節になっていて、秋を感じられる期間が短くなったように感じるので、普段の生活で秋っぽい事を見つけると、なんだか嬉しくなります。

 

ここティーズダンスルームでは、生徒さん達がこれからあるイベントに向けて日々ダンスのレッスンを頑張っていますよ!!やはり、発表する!と言う目標があってこそ練習も頑張れるんだなと、最近子供を見ていてしみじみ思います。(と言っても、相変わらず家ではふざけてしまって練習になりませんが…。)


 

私はダンスを全くできませんが、昔からダンスを観るのが好きで、先日TVで日本高校ダンス部選手権を放送していたので、録画して見ました。大人数で作り上げる作品はとても迫力があり、また全国大会まできただけあって、その完成度はどの学校も素晴らしかったです。つま先から指の先まで神経を集中させて表現するダンスに、瞬きも忘れて見入ってしまいました。どのダンス部の踊りも素晴らしかったのですが、踊りに合わせた表情にも魅了されました。メイクや衣装・振付など全てが一体となって表現されるものかと思いますが、表情の作り方でTVを通してでも伝わってくる気迫、すごかったです。

 

こちらでスタッフとして働き始めてから、まだダンスのステージを1回しか見た事がないのですが、過去のイベントに出演した時のダンス動画を観ていても、小学生以上の大きな生徒さんになってくると、ダンスしている時の表情の作り方も上手になってくるなと思いました。

 

リズミカルに楽しそうな表情、切ない表情、魂を感じるような気迫のある表情。表情一つで表現の仕方も変わってくるように見えます。やはり同じダンスを踊っていても、表情が豊かな方が、観ている側にも伝わってくるものがあります。一番は踊っている本人が心から楽しんで踊っている事が大切かと思いますが、観ている人に伝えたことを表現できるようになったら、本当に素晴らしいと思います!

 

ダンスもできない、何の知識もない素人の意見になってしまいましたが、最近感じた事を書かせていただきました。ここティーズダンスルームはかしまだ商店街通りにあり、駅からも近くて通いやすい場所です。皆で一つの作品を作る経験、やり遂げた時の感動、きっと素晴らしい経験がたくさんできると思います!

川崎市のダンス教室 [かしまだ駅前通商店街] 
T's Dance Room(ティーズダンスルーム)

 〒212-0053
 神奈川県川崎市幸区下平間111-6
 [鹿島田駅徒歩5分 / 新川崎駅徒歩9分]
(JR鹿島田駅:川崎駅より南武線で3駅7分)

この記事をシェアする
この記事に関連する記事