ダンスレッスン日記 [TDR BLOG] T's Dance Room BLOG


オーディションについてのアドバイス♪

こんにちは!代表インストラクターのTAMMYです!

 

先日、お知らせに投稿したオーディションですが、当スタジオで受たいという生徒が2人いました!!
受かる、受からないは別にして、挑戦すること、経験することはとても良い事です。
でも受けるからには本気でやらないといけない。オーディションしてくれる方たちは本気で審査してくれるのに、受ける方が本気じゃなければ受けないでくださいと思う。

 

興味があるけど("^ω^)・・・。
『ダンス、歌、うまくないし。。。』とか
『スタイル良くないし。。。』とか
『自身ないし。。。』とか

 

少しでも興味があるならやってみればいい。
ダンス、歌がうまくなくても今自分が出来る事を精一杯みせればいい。
スタイルが良くなければ良くなるにはどうしたらいいか考えればいい。


自信ない・・・。
最初はみんな自信ないです。
でも受けていくことで少しずつ自信はついていくものだと思います。
そしてオーディションに参加するコツなんかも分かってきます。

 

私もありがたいことにダンスの専門学校の卒業前の校内オーディションにダンス事務所の方が観に来ていて、お声を掛けて頂き卒業後はその事務所にダンサー登録することができました。大手プロダクションでは無いですが、ダンスにあまり興味がなくても誰でも知っているような事務所です。

 

色んなオーディションを受けて、落ちて、受けて、落ちての繰り返し。。。落ちた時はそれは自信もなくなるし落ち込みます。それでも事務所に登録した後は、オーディションなしでビックアーティストのバックダンサーになることもできました。例えばサザンオールスターズのツアーでは、身長が高いダンサーを探していたとのことでした。(TAMMY、170㎝あります!)

 

それでもプロになった後も、背が大きいせいで出演者選考オーディションに落ちたり、大好きなアーティストのオーディションが開催されるので、すごく受けたいのに『背が低い人のみ募集』とかもあり、悔しい思いをしてきました。

 

ダンス業界はオーディションの他に紹介(スタジオの先生から生徒さんにとか、ダンサー友達からとか、知り合いから)などもありますが、オーディションで合格するのはほんのわずかで、背が高い低いなど自分の努力ではどうする事も出来ない要素が含まれています。だから、オーディションに挑戦するのは日常で、ごくごく当たり前の事、普段の芸能活動の一環みたいに思っていて欲しいし、落ちたら悔しいけど悔しがっていても仕方がないから、次のオーディションの準備をするだけ。

 

自分を磨くのは日常的に行う当然の努力だけど、最初はダメもとでいいから、そういうオーディションに参加する『クセ』みたいなものを自分の中で確立させていく事はとても大切な事だと思います。

 

 

当スタジオはこれから先もオーディション参加依頼など来ると思いますので、皆さんも該当する募集だったら諦めず、くじけず、ドンドン前向きに参加して欲しいと願っています。もちろん撮影や振付、オーディション参加用のフリ固めや時にはダメ出しなど、T`s Dance Roomのスクール生のバックアップはしてあげられるので頑張ってみましょうね!!

 

今回のオーディションを受ける生徒さん2人、ひとついい経験を積みましたね!
以上、TAMMYからのオーディションアドバイス?でした(^-^)

川崎市のダンス教室 [かしまだ駅前通商店街] 
T's Dance Room(ティーズダンスルーム)

 〒212-0053
 神奈川県川崎市幸区下平間111-6
 [鹿島田駅徒歩5分 / 新川崎駅徒歩9分]
(JR鹿島田駅:川崎駅より南武線で3駅7分)

この記事をシェアする
この記事に関連する記事