ダンスレッスン日記 [TDR BLOG] T's Dance Room BLOG


【チャンスに】オドルポリタン天気予報って何だろう?【万全の準備】

皆さん、こんにちは!
ティーズダンスルームの橋本です。

 

当スタジオではテレビ出演を素晴らしい経験ができるチャンスと考えて、チャンスをいただける時には積極的に参加するようにしています。その思いが通じたか否かは別にして、なんと4ヶ月間で3回もTOKYO MXテレビ様の番組へと参加させていただくことができました。この素晴らしいチャンスをくださったテレビ局様はじめ、制作会社様、そして積極的に参加してくれる会員のレッスン生たち、何より時間をやり繰りして引率してくれる親御様たちには大変に感謝しています。

ありがとうございます。

ところで、先日も参加させていただきました際のメンバー募集時に少しご案内させていただきましたが、テレビに出ることは、またとない経験ができるチャンスであるとともに、誰でも好きな時に好きなように参加できるものではありません。人と人が繋がって番組を作っていきますし、とても多くの人たちが協力することで成り立ちます。もちろん金銭的なことも複雑に絡み合います。とても多くの苦労や労力を費やして制作する番組は、テレビ局様はもちろんの事、制作会社様もできる限り高い精度で、できる限り良い番組を視聴者様に提供したいと考えるはずです。

3回目の出演オファーを受けた今回で言えば、オファー自体が出演日の3日前であったので、割とタイトなスケジュールであったことは事実です。タイトであるとは言え、当スタジオとしてもいただいたオファーに対して、ある程度の精度のダンスを披露したいと思いますので、練習期間が短くても形になりそうなレッスン生や、普段から「お天気ダンスが好きで練習してる!」という生徒さんを中心に選抜させていただきました。それらを受けて、手を挙げてくださった方の中からフリ固めができている人を主な選考基準とするように、私からTAMMYに選考基準を伝えました。急な出演をお願いさせていただきましたのに選考させていただき、大変うれしく、恐縮ですし、漏れてしまった方には申し訳ありませんでした。しかしながら、このように選ばせていただけるほど短時間で、本当に多くの方に手を挙げていただき、とても感謝申し上げます。

また、オドルポリタン天気予報のコーナーは、生放送番組内で行われるため、本番はワンテイクのみとなります。やり直しはできません。現場にも毎回緊張感があり、その緊張が演者に伝播しないようにスタッフさんが気を遣っていたり、我々エキストラにも流れやスタジオとの連携状況を説明してくれ、少しでも引っかかることの無いように配慮をしてくれていました。

 

実は今回はタイミングの良いダンススタジオが見つからなかったとお聞きしていました。諸般の事情があり、声がけをしていたはずのダンススタジオさんのブッキングが上手くいかなかったと推察しますが、反対に言えばブッキングが上手くいかない場合に備えるため、複数ブッキングをすることが多いはずです。ダブルブッキング、トリプルブッキングをしている場合も十分に考えられます。そうなりますと素早いお返事をしないと、せっかく出る気満々になっているところに、「すいません。今回は別のスタジオさんが先に決まってしまいまして…。」などと正直に打ち明けられて、「またの機会にお願いしたいと思います」となるケースもあります。順延のように「翌週にズレてお願いします」とならないのは、翌週は翌週で別の担当ADさんたちが、複数のブッキングを始めていることが多いからだと考えられます。

 

『仮バラシ』に近いのかも知れません。

 

芸人さんがテレビのドッキリでやられる『仮バラシ』です。オファーを受けてスケジュールを仮押さえされていたものが、ダブルブッキングしていた本命側の出演が決まった時点でバラされることを、『仮バラシ』と言うようです。そんな仮バラシが日常茶飯事となっているプロの芸人さんであっても、仕事が目の前で無くなる悔しさや寂しさがにじみ出てしまいます。その瞬間の表情がイタズラドッキリには最適なのかも知れません。ネタバラシのテッテレーのあとに「やられた~!」と言いつつ、実は仮バラシではなくドッキリ企画に出演している収録だったと気がつき、ほんのりと笑顔になってしまうのも、競争の激しい世界で生きる芸能人の素の表情とも言えるのでしょう。中には一瞬、ニヤッとする芸能人たちもいますが、「本当は仮バラシじゃないのか。よしよし、良いリアクションだったはず。はい、ドッキリ出演、オンエア確定ね。聞かされていなかった仕事だけど、マネージャーさん、これ出演ギャラいくらですかぁ!」みたいに回転の速い芸能人は、パパパッと頭に思い浮かぶ人もいるのかも知れません。

 

 

さて、オドルポリタン天気予報のダンスに話を戻しまして、実はこのダンスそのものは普段のレッスンとは違って、それぞれのお天気ダンスは簡単に覚えることができるダンスとなっています。ただし、実際にはお天気ダンスをいくつも覚えておいて、当時の天気に合わせてダンスが決まる生放送ならではの試練がありますので、それぞれの振付をしっかりマスターしていないと現場ではアタマがごちゃごちゃになっちゃうので、みんなにはしっかりと振付全部を覚えてもらいました。

ところで、このオドルポリタンダンスは、「子どもの未来応援」がテーマとのことで、とても素晴らしいコンセプトによって企画されているダンスになっています。振付は、TOKYO MX テレビの依頼を受けた有名コレオグラファーの南流石先生が、脳科学者さんの協力を得て作り込んだ作品になっているようです。南流石先生は、アイドルグループ・嵐や乃木坂46をはじめとした有名アーティストの振り付けを手掛けてきた方で、藤沢市出身のとても気さくな先生です。

 

TOKYO MX テレビ様のTOKYO MX NEWSコーナーにてご紹介されています。このニュースコーナーにて紹介されている公式動画が、Youtube動画として公開されていますので、ぜひ一度ご覧ください。

 

どうですか。
奥が深い。素晴らしいコンセプト。
私はそんな印象を受けました。


何となくこのお天気ダンスが、気になってきました。わが家では芽依が特に気に入ったようです。TOKYO MX テレビで、平日朝の時間帯に毎日1分間の帯で、6種類のダンスをランダムに放送しているのですが、全て予約録画して毎日踊っていました。もちろん、日曜日には『日曜はカラフル!!』を予約録画して、他のダンスチームの踊りに合わせて喜んで踊っています。お天気ダンスの完成度で言えば、初回出演時に行われたTAMMYによる特別レッスンのように、ひとつひとつの振付を細分化して教えられていませんので雰囲気で踊れる程度です。それでも本人は何度も再生して自己流で踊っているうちに、出演時に与えられた課題の3種類(2回目は4種類)だけではなく、6種類全部をまんべんなく踊れる他、同じタイミングで放送されている「TOKYO散歩(大塚愛)」の振付も踊れるようになっています。

皆さんも是非このお天気ダンスを視聴してみて欲しいですし、タイムリーに視聴できない時は予約録画して踊ってみてください。ちなみに次回の出演の機会があるかは分かりませんが、「突然言われても踊れるようになっておく」いう人たち向けに、TOKYO MXテレビ様よりいただいた振付動画と一緒に、TAMMYの特別レッスン時に振付を細分化して解説している動画を会員専用ページにアップロードしておきましたのでご覧ください。

 

次の機会があった時、「私おどれま~す!」って手を挙げてください。

川崎市のダンス教室 [かしまだ駅前通商店街] 
T's Dance Room(ティーズダンスルーム)

 〒212-0053
 神奈川県川崎市幸区下平間111-6
 [鹿島田駅徒歩5分 / 新川崎駅徒歩9分]
(JR鹿島田駅:川崎駅より南武線で3駅7分)

この記事をシェアする
この記事に関連する記事