ダンスレッスン日記 [TDR BLOG] T's Dance Room BLOG


ダンスで心に栄養補給

こんにちは、ティーズダンスルームの星です。

ついに新元号の令和を迎え、新たな時代の幕開けとなりましたね。今回のような天皇の譲位による改元は202年ぶりとのことで、お祝いムード一色の貴重な体験ができて嬉しいかぎりです。
ちなみにここティーズダンスルームがある川崎市幸区の名称の由来は、かつて明治天皇が梅の名所であった小向梅林に行幸されていたことに由来する「御幸村」の一字を取り、さらに「さいわいなる地域に」という願いもこめられているそうです。令和の時代も川崎市幸区がさらに「さいわいなる地域」として発展していってほしいものですね。

 

さて異例の最大10連休だった今年のゴールデンウィーク、みなさまはどのようにお過ごしになられましたか?
旅行したり、レジャーを楽しんだり、自宅でのんびりと過ごしたり、それぞれの過ごし方があったかと思いますが昔から連休の後は5月病に要注意と言われています。4月は新しい環境に慣れるため自分でも気がつかないうちに心と身体に大きなストレスがかかっており、5月にその疲れがどっとでてしまうということが多いようですので心も身体も充分に休ませてあげたいですね。

身体の疲れを感じた時には、ゆっくりと休んだり、スタミナのつく食べ物で栄養を補給しますよね。ですが、心の休息や栄養にも目を向けているという方はあまり多くないかもしれません。心にも休息と栄養を与えてあげることはとても大切です。好きな事をしてゆっくりと過ごし心を休ませてあげることはもちろん、栄養を与えてあげることが重要です。心の栄養は心理学では「ストローク」と呼ばれており、言葉や行動により“自分の存在が認められていると感じる行動や言動”をプラスのストロークというようです。心が最も元気な状態はプラスのストロークでストロークバンクがいっぱいの状態なのだそうですよ。

ティーズダンスルームではスタッフも生徒さんもみんなのプラスのストロークで溢れるようなダンススクールを目指しています。笑顔には笑顔が返ってくるように、スタッフ自身がプラスのストロークでいっぱいの状態だとそれが生徒さん達にも伝わりプラスのストロークが返ってくるのを感じます!!

笑顔であいさつをする、名前を読んで声をかける、できるようになったことを思いっきり褒める、ダンスを通して仲間との絆を感じられるようなレッスンにする、などなど。何気ない日常のダンスレッスンにもプラスのストロークで溢れさせることは無限ですね。

ダンスを楽しむことでリフレッシュにもなり、さらには心への栄養も与えることができる。そんな素敵なティーズダンスルームのレッスンを、ぜひ一度見にいらしてくださいね。スタジオ見学、レッスン見学は予約不要でいつでもご覧いただけます。川崎市幸区のティーズダンスルームより少しでも多くのプラスストロークが発信できるよう、笑顔を大切に日々を過ごしていきたいと思います!

川崎市のダンス教室 [かしまだ駅前通商店街] 
T's Dance Room(ティーズダンスルーム)

 〒212-0053
 神奈川県川崎市幸区下平間111-6
 [鹿島田駅徒歩5分 / 新川崎駅徒歩9分]
(JR鹿島田駅:川崎駅より南武線で3駅7分)

この記事をシェアする
この記事に関連する記事