ダンスレッスン日記 [TDR BLOG] T's Dance Room BLOG


どうやったら上手に踊れるかな?

こんにちは、ティーズダンスルームの金川です。

先日、今年は台風の日本上陸が「ゼロ」かもしれないというニュースを見ました。あれ?確かに川崎市には大きな影響は無かったけど、台風って来たよね?と思いましたが、「日本上陸」の定義とは台風の中心が九州、四国、本州、北海道の本土四島の海岸線に達した場合をいうそうで、小さい島や半島を横切って短時間で再び海に出る場合は「通過」としているのだそうです。私が台風が来た!と思っていたのは沖縄だったり、「日本上陸」の定義で言うところのただ通過や接近しただけだったようです。
12月以降に台風が上陸することはほぼないそうで、このまま台風の上陸が一つもなければ、2008年以来12年ぶりの記録なのだとか。昨年はここ川崎市でも、台風によって大きな被害が出た事が記憶に新しいだけに、驚きのニュースでした。

先日、ちょっと思い出したことがあるのですが...
幼稚園の頃、娘はお友達と楽しいことをしているという感覚しか無かったようで、振りをなかなか覚えられなかったり、腕を伸ばさなくてはいけない時も腕を曲げたまま踊ったりしていました。親としては、どうやったらうちの子は上手に踊れるようになるんだろう?とか、レッスン中に周りに迷惑をかけているんじゃないかと、とてももどかしい思いをしていました。
そんな時、上の学年のクラスで上手に踊っているお子さんのママや先生に、「大丈夫!気が付いたらちゃんと踊れるようになっているからと!」と言われたことがありました。
小さい内はただただダンスが楽しい♪お友達と一緒で楽しい!という感覚だけ。
小学校低学年くらいになると、○○ちゃん上手だな、お姉さんカッコよく踊れてすごいな、とちょっとした憧れが生まれてくる。
もっと成長すると、先生みたいになりたい、あんな風に踊れるようになりたい、といった明確な目標が生まれてきて、自分からいろんな事に気を付けるようになり、どんどん上達していくのだと。

娘は今小学2年生なのですが、最近「○○ちゃんみたいに上手に踊りたいなー」とか「(学年が上のお姉さんみたいに)上手に踊れないから恥ずかしい」などと言うようになりました。そういえば幼稚園の頃よりまともに踊れているかも!と先日気付き、昔の言われたことを思い出しました。あの時言われたとおり、娘なりに成長しているようです。

みなさんはいかがでしょうか?
自粛期間中にダンスができずモチベーションが下がってしまった人もいるかもしれません。今またレッスンを受けられるようになってもモチベーションが上がり切れない人、レッスンが楽しくてしょうがない人、状況は人それぞれだと思います。
上達のきっかけとなるスイッチは人それぞれ違うかと思いますが、楽しく踊れることが一番のスパイスではないでしょうか。時には思うようにいかないことがあるかもしれませんが、ダンスが大好きという気持ちがあればきっと上達していくでしょう。
コロナ禍の暗い気持ちを吹き飛ばして、みんなで楽しく踊って上手になっていきましょう!

川崎市のダンス教室 [かしまだ駅前通商店街] 
T's Dance Room(ティーズダンスルーム)

 〒212-0053
 神奈川県川崎市幸区下平間111-6
 [鹿島田駅徒歩5分 / 新川崎駅徒歩9分]
(JR鹿島田駅:川崎駅より南武線で3駅7分)

この記事をシェアする
この記事に関連する記事