ダンスレッスン日記 [TDR BLOG] T's Dance Room BLOG


【強化隊長】素敵すぎるジャズダンスの魅力とは【個人的な意見】

皆さま、こんにちは!
ティーズダンスルームの橋本です。

 

本日は前回ブログに続き、連発してジャズクラスについてご紹介します。まず初めにジャズって何って思う方も多いと思います。前回ブログにも書きました通り、私も始めて聞いたときは『ジャズダンス=ジャズを流して踊るスタイル』としか考えられませんでした。確かに諸説ある起源のひとつとしてはそういった考え方もあるようですが、現在のジャズダンスから比べると随分とその形は変わってきているのだと時代の移り変わりを感じます。

 

実際に現在のジャズダンスと言えば、テーマパークやアーティストのツアー、コンサートなどのバックダンスで多いと言うことは昨日のブログでも書いた通りですが、実際に見て頂いた方がよりわかりやすいと思います。ネット検索などでもyoutubeで数多く上がっているので、何となくつかむことは可能だと思いますが、前回のティーズダンスルーム発表会で披露されたゲストチーム『Bright Mam’s』もジャズダンスを基本構成としていますので、参考にしてください。

 

▼BrightMams_ナンバー前半

 

▼BrightMams_ナンバー後半

 

こちらのチームは、TAMMYのダンサー仲間です。若いころからの仲間もいて、芸能の仕事を紹介し合ったり、同じスタジオで教えていたり、全員ママになった今でもつかず離れずお互いの生活を優先し合いながら集まって振付を考えると、こうなるのでしょう。やはりジャズダンス、ステージ映えする仕上がりになるようです。

 

ジャズダンスを本格的に始めると、ダンスそのものの動きもしなやかになる傾向があり、ヒップホップ系のダンスを踊るときもキレイな手足の使い方になるようです。もちろん、ガールズやジャズヒップホップと言った派生ジャンルの完成度にも影響が出てきて、より美しいダンスへとステップアップしていくことを実感できます。もちろんジャズダンスは女性だけではなく、縣先生が踊るように男性が踊るととてもダイナミックな印象へと変化し、まさにステージ映えする作品へと進化を遂げていきます。私の個人的な意見ではありますが、見ていて圧倒されるのは、複数人でのパート分けされたジャズダンスです。踊る姿だけでストーリーすら見えてくるそのダンスは、複数人で構成されたジャズダンスならではの表現力なのかもしれません。

 

見る人を惹きつけてやまないジャズダンスの魅力を、当スタジオで思う存分楽しみましょう。ジャズの魅力を楽しめるクラスは、ジャズダンスクラスの他に、テーマパーククラス、ジャズヒップホップクラスがあります。ぜひ体験レッスンだけでも挑戦してみてくださいね!

 

今後ともティーズダンスルームのダンスレッスン、ボーカルレッスンをよろしくお願い申し上げます。

川崎市のダンス教室 [かしまだ駅前通商店街] 
T's Dance Room(ティーズダンスルーム)

 〒212-0053
 神奈川県川崎市幸区下平間111-6
 [鹿島田駅徒歩5分 / 新川崎駅徒歩9分]
(JR鹿島田駅:川崎駅より南武線で3駅7分)

この記事をシェアする
この記事に関連する記事