ダンスレッスン日記 [TDR BLOG] T's Dance Room BLOG


困難を乗り越えられる強さを

こんにちは、ティーズダンスルームの伊藤です。

10月になり、今週からやっと暑さも落ち着きそうです。ここ川崎市でも窓を開けておくと涼しい風が入ってくるので、とても過ごしやすくなりました。

先週土曜は子供の運動会がありました。30度ととても暑い中での開催になり、子供達も応援にきた大人達も暑さでぐったり。日曜の方が涼しそうなのにね…なんて言っていましたが、日曜は雨が降って肌寒かったので、結果的には土曜開催で良かったです。暑さは厳しくても、太陽出ている方が写真映えもします。子供達のたくさんの笑顔を見ることができました。わが家の子供も運動会楽しい!と言って、かけっこに旗体操、親子競技とどれも一生懸命やっていました。私の運動神経を引き継いでしまったのか、かけっこは最後から2番目。お友達が1番になれなくて悔しくて泣いていたと言うので、子供に悔しくないの?と聞いたら「べつに悔しくないよ~全然~」とのほほんとした返事。親としてはもう少し闘争心あってもいいのになと思ってしまいますが、あれもこれも望むのは親の勝手でしょうか。

ふと、ダンスに闘争心は必要かな?と考えました。わが家はまだ幼児クラスでダンスを始めて数か月なので、ダンスを習う上で闘争心はなくてもいいのかなと思っていました。まずは本人がダンスを楽しんでくれればいいな、間違えても一生懸命で可愛いな、くらいのゆるい感じです。親の私自身が闘争心がなく人と競うのが苦手と言ったこともあるかもしれません。しかし、ダンスをもっと上手に踊れるようになりたい!!と思ったら闘争心があった方が良さそうです。お友達よりも上手になりたい!自身の中で目標を持って今よりもっと上手に踊れるようになりたい!と頑張るには闘争心や向上心、忍耐力がないと踏ん張れない気がします。

ここティーズダンスルームでもプロ育成クラスがあったりと、ダンスがとても上手な生徒さんがたくさんいます。レッスンの時間は限られているので、レッスン以外の時間もかなりの努力をしている事でしょう。



もし自分の子供がこれから小学生、中学生と大きくなってもダンスを続けるとしたら、楽しんでくれればいいのですが、もっとダンスが上手になりたい!と目標を持って辛い事があっても踏ん張れるくらいの強さを持ってくれると嬉しいです。生まれもった性格もあると思いますが、ダンスを続ける事によって、忍耐力や向上心が身に付くことがあるかもしれません。実際子供が大きくなってみないと結果はわかりませんが、親が教えられなくても、ダンスを習うことで自然と身に付くことがたくさんあることでしょう。

子供の成長は計り知れません。まずは子供が楽しんで笑顔で過ごせるよう見守っていきたいと思います。

川崎市のダンス教室 [かしまだ駅前通商店街] 
T's Dance Room(ティーズダンスルーム)

 〒212-0053
 神奈川県川崎市幸区下平間111-6
 [鹿島田駅徒歩5分 / 新川崎駅徒歩9分]
(JR鹿島田駅:川崎駅より南武線で3駅7分)

この記事をシェアする
この記事に関連する記事