ダンス教室
からのお知らせ
T's Dance Room INFORMATION

T'sDanceRoomスタッフ ティーズダンスルーム からのお知らせ

【The 1st Festival of TDR】の動画進捗について

皆さま、いつもお世話になっております。
ティーズダンスルームの橋本です。

 

先日行われました【The 1st Festival of TDR】において、動画撮影クルーの手配および撮影編集を冒険王(株)の田尻さんにお願いしていますが、順調に進捗していますのでご安心ください。もうあと少しで、お申込みくださいました皆さまのお手元に届けられるようになります。お待たせして大変恐縮ですが少しでも良いものをお届けいたしますので、今しばらくお待ち頂きたくお願い申し上げます。


もちろん、少しでも良いもを追求したい思いは、私も映像監督の田尻さんも一緒です。プロのアドバイスを聞きながら、私も意見を出し、お互いの意見を交換し、混ぜ合わせながら、すでに当初のドラフト版から数える事、修正箇所の要望を15項目、3項目、2項目と合計3回のリテイク、20項目ほど入れさせていただき、その都度、すべてに快くアドバイスを頂いたり、修正対応していただきました。また、更に磨きをかけたり必要なカットや不要なカットなどの取捨選択も行って頂いています。修正項目が多いうえに自主的にも気がついたら直してくれているので、修正箇所は恐らくドラフト版から数えると、200か所以上になっていると思われます。

田尻さん曰く、『今回はカメラが5台もある上に、非常に多くのオフショットも撮影させて頂いたりと、内容が盛りだくさんで取捨選択に時間を要してしまっている』とのことです。確かにすべてを盛り込んでしまったら、2枚組、3枚組となってしまうので、そんなに長いものは恐らく『たった1回しか見られないであろう作品』となってしまう懸念があります。そこで、まずは映像監督として田尻さんのディレクターズカットを入れて頂き、カット割りやカメラ選択については、私の方で全編拝見した上で細かく修正依頼をお願いしています。また、どうしてもひとつの流れの映像をカットしていますので、音の繋がりが不自然となったりしますので、それらを少しでも自然なつなぎにするなど試行錯誤しているようです。

ちなみに、私こと橋本の冒頭のあいさつは、田尻さんのご厚意(笑)でドラフト版では全面的に採用されていましたが、皆様のお手元に届くときには『バッサリとカット』されています…。そりゃそうです、私の挨拶なんか発表会の当日に一度聞けば十分なものですし、そもそもドラフト版をチェックした序盤で『バッサリとカット』の修正依頼をお願いしたのがTAMMYさんですので、私は素直に抵抗することを止めました…。


余談はさておき、必ず良いものになりますし、あの感動の発表会を何度でも見返せるような動画をお届けいたしますので、お手元に届きますのを今しばらくのお楽しみにしていただければ幸いです。今後とも当タンススクールを宜しくお願い致します。