ダンスレッスン日記 [TDR BLOG] T's Dance Room BLOG


【ママクラス】新しいイントラ先生、KATSURA先生【代講】

皆さん、こんばんは!
ティーズダンスルームの橋本です。

 

本日、火曜日の午後レッスン、託児付ママクラスに新しくインストラクターとして加入してくれたKATSURA先生がお披露目代講を致しました。お互いにテスト的なものも含まれていて、当スタジオがどんな雰囲気でレッスンしているのか、先生はどんなイメージのダンスを教えるのかなど、TAMMYも観覧エリアで見学したり、アドバイスなどを送ったりしながらレッスンを進めて頂きました。

 

TAMMY談
「うん、期待以上。」

 


つまり、プロとして恥ずかしくないだけでなく、礼儀正しさや言葉遣いなども清楚な印象を受けたようです。当ティーズダンスルームでは単純にダンスやボーカルのテクニックだけを教えれば良いわけでもなく、会員様に対する言葉遣いや礼儀作法なども重要だと考えています。もちろん『先生』ではあるものの、特別なライセンスなどがある訳でもないですし、歌や踊りが上手や下手などだけで評価されるものではありません。確かに年齢とともに動きにキレがなくなり、耳が聞こえなくなり、酷使された喉がつぶれてきます。しかし、エンタテイメントの評価は総合的だとすれば、インストラクターとして皆さんに自分が身につけたスキルを伝授するのみならず、その礼儀作法もとても重要な要素だと考えています。

 

KATSURA先生は劇団四季のオーディションを受け、その厳しいレッスンに参加するなど、ミュージカルの世界観やバレエの素養などを兼ね備えているようです。その美しく伸びやかな手足の動きなどは、観る者を魅了するためのダンスを専門としているからこそなのかもしれません。自分自身が楽しむダンスがHipHopだとすると、ミュージカル・バレエ・JAZZなどは観る者が楽しむダンスと言えます。もちろん、HipHopだって観る者が感動するほど鍛え上げることもできますし、クラシックだって自分自身が楽しんでこそとも言えますから、ダンスや歌は基本的には見てもやっても楽しいエンタテイメントです。

 

レッスンを受けてくれているママクラスの会員様にも少しご意見をいただこうとレッスンの感想を聞きましたら、「とても教え方が上手で、丁寧です。」「好感が持てる」「すべてが分かりやすかった」などなど、嬉しいご意見のオンパレードをいただき、TAMMYもKATSURA先生もホッとしていたようです。レッスン終わりでKATSURA先生に一節歌って、じゃなくて、少しダンスを見せてとお願いして撮影しました。歌ならば一節などというかもしれませんが、ダンスは8拍子を8回でエイトエイト、もっと略して88を踊ってもらいました。

 

どうでしょうか。
素敵ですね。

 

彼女の今年度(3月末まで)の担当レッスンは、日曜日午前の『幼児バレエ』クラスと、同じく日曜日お昼に行う『小学生ミュージカルクラス』となります。この教え方が丁寧で分かりやすい素敵な先生のレッスンを体験してみたい方は、TAMMYまで直接ご連絡いただくか、体験レッスン申込フォームからも受付しています。

 

皆様からの体験レッスン申込をお待ちしています!

川崎市のダンス教室 [かしまだ駅前通商店街] 
T's Dance Room(ティーズダンスルーム)

 〒212-0053
 神奈川県川崎市幸区下平間111-6
 [鹿島田駅徒歩5分 / 新川崎駅徒歩9分]
(JR鹿島田駅:川崎駅より南武線で3駅7分)

この記事をシェアする
この記事に関連する記事